ライブチャットをマッチングサイトと間違えている男性客

連絡先を教えてほしいといってくる男性客のパターン

チャットレディを長年やっていると、男性ユーザーが連絡先を聞いてくることがあります。

パソコンのメールアドレスとかではなく、ラインのIDを教えてくれとか、携帯のアドレスを教えてほしいとかです。

当記事では、チャットサイトにいるチャットが目的ではなく、出会いが目的で利用している男性客の対処方法などについて細かく解説しているので、あなたのこれからのチャットレディライフに役立ててください。

完全に出会いのサイトだと勘違いしている

チャットサイトには、チャットレディとの会話を楽しむことよりも、リアルな出会いを求めている男性ユーザー一定数います

マッチングサイトでもないのに、勘違いして出会いができるサイトだと思っている男性がある程度いるのです。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

なので、チャットにログインしてくるなり、ライン交換してくださいとか、メルアド教えてくださいとか聞いてくる男性が多いです。

ですが、男性客ばかりが勝手にチャットサイトを出会い系だと勘違いしているわけではなく、ライブチャットをランキングなどにしているウェブメディアなども原因の一つなんです。

そういうウェブサイトというのはアフィリエイトをやっていて、男性客を登録させればさせるほどお金がもらえるので、女性と出会える!なんて誇大に宣伝して登録を促しています。

そういった広告を見た男性は、このサイトを使えば女性と出会えるんだと勘違いしてしまいます。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

他にも細かい要因があるかもしれませんが、こういった一部の悪質なアフィリエイトサイトのせいで、出会いを求めてライブチャットに登録してくる男性が後を絶ちません。

マッチングサイトと間違えている男性がとる行動とは

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

チャットレディをやっている人ならば、一度は経験したことがあると思いますが、ぜひお読みください。

初対面なのに彼女になってほしいと懇願される

テレビ電話なり音声通話なりがはじまるなり、僕と付き合ってください!なんていってくる人はたまにいます。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ライン交換してくださいとどしょっぱつから聞いてくる人

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

チャットレディにいきなり、ライン交換してください!といって、勝手に自分のラインIDを添付したメールを送ってくる男性もいます。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まずはメールでそのチャットレディが反応してくれるかを確認して、だめなら別のチャットレディに送るというスパムチックなことをやっているのです。

いきなり音信不通になってもこちらとしてはかまいません。チャットしてくれる男性なんていくらでもいますし、そういう輩を相手にしていると時間がもったいないので、チャットレディのお仕事に専念しましょう!

ライブチャットのメール機能を使って、チャットレディに直接キャリアメールやラインのIDなどを聞いてくる男性客はたくさんいます。

私の場合はすぐに断っていますが、卓越したチャットレディの女性であれば、そこからうまく趣味の話などにもちこんで、思わせぶりな態度をつかいながら、メールで稼いでいる人もいます。

あそこを見せれば好かれると思っている客

あそこの大きさこそが女性を惚れさせることができると本気で思っている男性も世の中にはいて、しかもたくさんいます。

いきなり勃起したペニス画像を添付して送りつけて、このマラであなたをいかせます!なんて文言を添えてきたりしますが、正直男性の股間なんて一切興味ないですよね…。

男性器をみせつけることにより、女性からの支持がえら得ると、連絡先を交換してくれてデートしてくれてセックスしてくれるかもしれないと本気で思っている男性が世の中にいるのも笑える話ですw。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会うことが前提の人

ライブチャットをやっていると、チャットレディの女性とデート出来るかのような会話をしてくる男性もいます。たとえば、セックス楽しみにしているよ!とかです。

こういった男性のテクニックを逆手にとって、うまく転がしていくのが本当のチャットレディだと思いますが、こういう裏工作みたいなのが嫌いな女性ももちろんいるでしょう。

男性の心理を逆手にとって、におわせぶりな態度を使って、どんどんチャットして稼げればしめたものですが、こういう裏工作や、転がすことに抵抗がある女性は、わざわざやらなくてもまっとうにチャットしてくれる男性とだけチャットすればいいと思います。

ホテルを予約してくるお客さん

アダルトチャットというのは、本来は2ショットで見せてあげるものですが、中にはずるがしこい男性もいて、自分だけにセルフ動画を撮影して送ってくれなどとメールを送ってくる男性もいるのです。

こういう男性にたとえば、きちんとアダルトな行為をした動画を送ったとしても、次からチャットにログインして、稼がせてくれるのかと思いきや、全くそんな気配もなく、メールでポイントをケチりながら、次の動画をおくってくれなどとのたまってくるので、最初から相手にしないようにしましょう。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

唐突にセックスを持ち出してくるパターン

ライブチャットサイトにおいて、ポイントを使いたくない客というのは、チャットレディにメールばかりを送る傾向があります。

そもそもなぜライブチャットサイトで、女性との出会いが果たせると思っているのか、甚だ疑問ですが、もう勘違いしてしまっているので、こういった男性は話になりません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがお客さんとの間でやってはいけないこと

ここからは、チャットレディがやると危険な行為を紹介していきたいと思います。是非参考に読んでみてください。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

男性客と会うこと

たまに、チャットレディが男性客とチャット世界ではなくリアル世界であったことがあるなどというブログを目にしますが、正直会わない方がいいと思います。

物理的に男性に会ってしまったら、どういう意図を持っている男性なのかわかりませんよね。なによりチャトレの一番のメリットは会わなくてもいいところなのに、そのメリットが欠如してしまいます。

チャットサイトで交流を深めていく内に、男性に気を許してしまうのはわからないでもありませんが、ここは仕事なので線引きをしっかりしておいた方がいいと思います。

直アドは教えないように

スマホのメールアドレスなどを教えて、男性ユーザーと直接やりとりをしても、チャットレディとして稼げるわけではないので、やめておきましょう。

中にはチャットレディをやっていると、しつこく連絡先を聞いてくる人もいるかと思いますが、そういう人には適当なアドレスを教えたりするとややこしくなりますし、リピートもしてくれなくなるので、ライブチャットサイトの規約違反になるからといって、交換はしないようにしましょう。

むやみに引き延ばさない

アドレス交換などはもちろんしてはいけませんが、こうやって男性客をまどわして、あたかもそのうち私と出会えるかのような、思わせぶりな態度はやめておいた方がおすすめです。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

最近の話では、コロナで自粛ムードが漂っているので、今は会えないけど、そのうち会おうねと引き延ばしているテクニックを使っているチャットレディがいました。

ですが、最初から会う気もないのに、こういったテクニックを使うというのは、男性心理をもてあそんでいるに他ならないので、人間としてどうかと思います。

男性も一人の人間ですし、そのチャットレディに恋心を抱いているかもしれません。そういう心を遊ぶというのはよくない行為といえるでしょう。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

直接のアドレスをしつこくきいてくる男性客に対しては、どうやって回避するのがおすすめなのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

以下には、私がチャットレディをしていて連絡先を聞いてくる男性客に対して使っている回避策です。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

チャットレディにラインIDなどの連絡先を聞いてくる不届き者wには、スタッフに怒られると第三者の性にしておきましょう!!

男性はポイントを使いたくないケチな人が多いので、アタックしたメールで一度撃沈すると次からは送ってこなくなるパターンが多いので、まずは断っておくことが大切です。

チャットサイトの規約に書いてあるからと言う

直接的なスマホのアドレスやラインのIDなどは、ライブチャットの規約違反であり、禁止事項です。ライブチャットサイトによってはばれたら退会させられるところもあります。

自分が直接ことわっているテイを出さない

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

仲良くなっても連絡先は交換しないのが原則!

チャットレディをやっていると、直アド交換やラインIDの交換など、連絡先を聞いてくる男性というのが後を絶ちません。

チャットレディの女性も人間ですから、いきなりのお客さんが教えてくれなんていってきたら、絶対に教えることはないかもしれませんが、仲良くなった男性ユーザーが聞いてきたら教えてしまうかもしれませんよね。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

現役のチャットレディの体験談で、男性客と会ってきたというブログなどを書いている人がいますが、実際の世界で男性客と会うのは危険なことだといえるでしょう。すべての人が善良とは限りません。

どんな意図をもって近づいてくる男性がいるのかわかりません。

アドレス交換した後、実際に会う約束をして会ったとして、個人情報などをしられると、後をつけられたりしてストーカーになってしまう可能性もなくはないですよね。

そもそものチャットレディの最大のメリットというのは、触れられないというバーチャル空間で安心安全にお仕事出来るからどんな女性でも働きやすいという環境がそろっているのです。

他には、一人のそういった軽率な行為をする女性がいることにより、まじめにお仕事している他のチャットレディにも迷惑がかかることになります。

誰が一人が直接のアドレスなりラインIDなりを教えたりしてしまうと、男性客からしたら、あの子はライン教えてくれたのに、なんであなたは教えてくれないの?という風になりがちです。

こういったチャットレディが一人いることにより、仕事が全体的にやりにくくなってしまうのです。

チャットレディは副業の中でもとくに稼ぎやすいですし、女性にしか出来ない副業なので、かなり優位な職業だと言われています。なので、ルールを守ってチャットレディ業界を盛り上げていきましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

なんども直接アドレスやラインIDなどは規約違反で教えられないといっているのにもかかわらず聞いてくる男性客は、ライブチャットのブロックという機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットレディにポイントを消化して稼がせてくれるならわかりますが、連絡先をきいて、自分はポイントを消費しないでおこうなんて虫のいいことを考えている男性客は無視して奥に限ります。

チャットレディの女性が安易に直接スマホアドレスなどを教えてしまったりすると、無料で連絡がとれる、そちらから連絡してくるのは目に見えています。

チャトレの女性の連絡先を手に入れた男性にはメリットしかありませんが、教えてしまった女性からしたら、チャットサイト外で連絡を取り合っても意味がありません。

チャットサイト外でいくら男性客とやりとりをしても、チャットサイトからお金が支払われるわけではありませんので全くもってもったいないです。

チャトレをやっている女性がライブチャットのお客さんである男性客と直截なプライベートな連絡先を交換するというのは、まったくもってデメリットしかありません。

ライブチャットにいる男性ユーザーというのはたくさんいるので、一人や二人ブロックしたところで、稼げなくなるわけではありません。いくらでも自分の波長を好きになって、テレビ電話なり音声通話なりメールなりをしてくれる男性客には巡り会えます。

そもそもチャットレディサイトというのは出会いのサイトではありません。そういう勘違いをしてアドレスなどを聞いてくる不躾な男性客はさっさとブロックして、お金をたくさん落としてくれる大切な男性ユーザーを相手にするべきです!